読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

平均年収が高い企業

平均年収が高い企業ランキングを見ましたか? <a href="http://toyokeizai.net/articles/-/71024?page=2" data-mce-href="http://toyokeizai.net/articles/-/71024?page=2">最新版!「平均年収が高い」500社ランキング | ランキング | …

箱根山が噴火した場合の影響

箱根山が噴火するかもと言われて、かなり日が経ちましたが、本当に噴火するのでしょうか。東京に賃貸併用住宅を新築して絶賛ローン返済中の身としては非常に気になるところです。そこで箱根山が噴火した場合の影響を調べました。 まず、噴火によって建物が影…

賃貸併用住宅に低金利の住宅ローンを利用するには

賃貸併用住宅の最大のメリットは住宅ローンが使えることだと思っています。 通常、賃貸用のアパートやマンションを取得する場合の融資はアパートローンを利用することになります。しかし、賃貸併用住宅の場合、賃貸用にできる割合に制限がかかるなどあります…

賃貸併用住宅の火災保険と地震保険

賃貸併用住宅による不動産投資にはいくつかのリスクがあります。その中の1つが火災です。特に日本の住宅は木造が多く、密集していますので、火の手が上がると周辺の住宅も被害にあうケースが多いです。このようなもらい火のケースも想定して火災保険には必…

春闘

春闘は、毎年春頃に行われている賃金の引上、労働時間の短縮などといった労働条件の改善を、労働組合が経営に対して要求する活動のことです。 大手企業では春闘の結果、満額回答でベア(給与のベースアップ)受け入れといったニュースを聞きましたが、皆さん…

賃貸併用住宅の不動産取得税

不動産取得税は土地や建物を取得した場合に課税される税金で、相続で取得した場合を除いて、有償か無償か、登記有無にかかわらず課税されます。納税方法は都道府県税事務所より送付される納税通知書により、一括で納付します。実際に私も賃貸併用住宅を新築…

貧困の罠に陥らないために

先日、週刊東洋経済の「貧困の罠」という特集を読んで、不動産投資を始めようと考えていた時のことを思い出しました。貧困の罠とは、所得が増えても国からの援助が減らされるなどで結局貧困から抜け出せないという状況を意味する経済学の言葉です。 特集の記…

住宅ローン控除

住宅ローン控除は、住宅ローンを借りていて一定の要件を満たした場合に減税がうけられる制度のことです。私が賃貸併用住宅を建てた平成25年は上限200万でしたが、消費税が8%に増税された平成26年4月~平成29年12月までに建てられた場合は上限400万にまで拡張…

住宅ローンの繰上げ返済

先日、偶然にも私の買った株が10倍高したことから臨時収入がはいったので、その一部で住宅ローンの繰上げ返済をしようと思います。住宅ローンの繰上げ返済には期間短縮型と返済額減額型の2つがあります。 期間短縮型 期間短縮型はその名のとおり、繰上げ返済…

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利には大きく3つのタイプがあります。変動金利型、全期間固定金利型、固定期間選択型の3つです。 変動金利型 変動金利型は、当初の借入金利は最も低いですが、将来金利が上昇した場合、借入金利も上昇して返済額が増えます。逆に将来金利が低…

サブリースの募集管理料

以前から記載していますが、私はサブリース契約を利用して賃貸経営を行っています。おかげで2014年は一部空室だった時期もありましたが、1年を通じて安定した賃料収入を得ることができました。 2014年だけ見れば、空室を考慮した実際の賃料よりも若干多く賃…

サラリーマン大家の確定申告

不動産投資をして賃料収入を得ている場合、不動産所得があることになりますので、確定申告が必要です。私の場合、2013年8月から賃貸経営を開始しているため1年を通じて賃料収入が発生したのは初めてでした。 2013年分の確定申告時は、最初の2ヶ月間はサブリ…

不動産賃貸の稼働率

賃貸経営を開始して、なんとか満室になったのですが、ちょうど1年経過したところで、はやくも退去が発生、しかも2部屋が立て続けに退去しました。9月に1部屋、もっと広いところに引っ越したいとの理由で退去し、10月にも1部屋、転職が決まったらしく職場の近…

株式投資再開

賃貸併用住宅建設用の土地を購入したとき、株式等は全て現金化したため、それ以降投資はしていなかったのですが、持たざるリスクを感じて昨年末から株式投資を再開しました。 12月にいくつかの銘柄を仕込んだのですが、そのうちの1つが直後に高騰して、先日1…

家賃の下落

賃貸併用住宅での賃貸経営を始めて1年ちょっとが経過しました。サブリース契約を締結しているため、家賃収入は安定しています。ですが、2年毎にサブリースの契約額が見直しされるので、そろそろ見直し時期を迎えます。 サブリース契約締結時に、募集家賃を設…

木造かRCか

私は賃貸併用住宅を新築で建てて自分でも住みながら、賃貸経営を行っています。木造3階建ての住宅で2階の一部と3階が自宅となっています。 当然、一つ屋根の下で他人と暮らすことになりますので、そこに強い抵抗がある方には賃貸併用住宅はおすすめしません…

不動産賃貸の管理会社

賃貸経営といっても、サブリースを契約したため、管理会社が家賃の保障、賃貸人の募集から問い合わせまで含めた管理もしてくれるので、私がするのは月次で送られてくる報告書に目を通すくらいです。 報告書にはその月に入居者からあった問い合わせの内容が記…

賃貸経営の開始

2013年7月末、ようやく建物の引渡が済んで、サブリース業者への引渡検査も済んだところから私の賃貸経営が始まりました。 当初計画では4月から賃貸が始められるスケジュールでしたが、解体の際に木造のはずが一部鉄骨だったり、地盤補強工事が必要となったり…

新居へ引っ越してみると

建物の引渡をうけた翌日、さっそく引っ越します。 住める状態になっていることを前提に引っ越し業者の手配はしていました。心配だったので施工会社に入念な確認をとって、この日までに住めるような状態でなければ引っ越し料金、それまで住んでいた賃貸の延長…

建物の引渡

立会検査から一週間、ようやく引渡の日を迎えました。一週間前の立会検査で指摘した箇所が修正されていることを確認します。 一番心配していた「賃貸部屋の室内インターホンが明らかに使いにくかったので壁の反対側に変更」するようにしたところもキレイに仕…

引渡前の立会検査

サブリースの契約も結び、運用開始をまだかまだかと待っていましたが、ようやく立会検査を迎えました。 立会検査とは、建物の引渡を受ける前に設計書どおりに、発注したとおりのものになっているか、不備はないかを発注者が立ち会って行う検査のことです。通…

サブリース契約と相場

今回、賃貸併用住宅の運用を開始するにあたって、通常の賃貸管理契約ではなくサブリース契約を利用することにしました。今回はサブリース契約とその相場について紹介します。 サブリース契約 サブリース契約とは、賃貸用の部屋をサブリース業者に相場より少…

建築スケジュールの遅延

地盤改良工事が終わり、基礎ができるとそこからは早いです。あっという間に形ができます。このころは職場と当時の住居からは離れていたので、毎日行くことはできませんが、週末は様子を見に行ってました。 工事は順調に進んでいましたが、工事に入るまでに建…

滅失登記

建物を解体した場合、滅失登記という手続きが必要となります。登記されている建物がなくなりましたよという登記です。やらないと罰則があるようです。とはいってもやり方がまったく分かりません。 土地家屋調査士 土地家屋調査士は、土地の調査、測量、登記…

地鎮祭は必要か

解体工事、地盤調査が終了し、工事に入る前に地鎮祭を行いました。 地鎮祭とは 地鎮祭とはこれから行う工事が無事にできるようにお祓いするものです。最近では地鎮祭をやらない方も多く、半分くらいの方がやらないと聞きましたが、私はせっかくなのでやるこ…

解体工事と地盤調査

施工会社に契約申込みをした後、詳細の打合せと並行して、古屋の解体工事、地盤調査などが進められました。 解体工事 元々建てられていた古屋の解体です。書類上は木造住宅となっていましたが、解体してみると一部鉄骨部分があることが分かり、早速スケジュ…

住宅設備のグレードアップ

施工会社との打合せ時に、デフォルトで納得できるものでなかった設備については、グレードアップすると追加注文となり費用が発生しますが、納得できるものに交換していきます。 賃貸部分の追加注文 賃貸用の部屋で私がこだわったのは、ウォシュレット付であ…

施工会社との打合せ

6月に賃貸併用住宅を建てようとコンサルティング業者と契約してから3ヶ月、土地が決まって、融資もとおって、施工会社も決まり、ようやく建物の詳細に入っていきます。 注文住宅の詳細検討 施工会社と打合せをしながらイメージを膨らませ詳細を決めていき…

施工会社の決定

見積もりを依頼した各施工会社と個別に打合せを実施しました。もともと賃貸併用住宅のコンサルティング業者経由で図面、見積もりをもらっている会社もあったので全部で4社を比較しました。 今回は土地も予算も決まっている状態で提案を依頼しており、かつ、…

施工会社への見積もり依頼

スーモカウンターを利用して3社に見積もり依頼をしたあと、1週間後に各社とヒアリングを実施しました。この際の時間調整や場所も提供もスーモカウンターでサポートしてくれます。 各社との打合せ 今回見積もりを依頼したのは、らいずほーむ、ジャパンホー…

スーモカウンター

木造3階建てを建てる場合の予算としていくらが妥当なのか、まったく見当もつかない私はいくつかの施工会社に見積もりをお願いすることにしました。 とはいえ、見積もりを依頼するにもどうすればいいかわかりません。見積もりを依頼したい施工会社を探して1…

住宅ローンの申込

住宅ローンの審査 見込み年収で融資審査を申し込んだので、以下の資料を銀行に提出します。 前年まで3年分の源泉徴収票 その年の1月から申込みをした7月までの各月の給与明細 銀行口座残高、証券口座残高などの資産情報 住民票、印鑑証明 なかなか面倒で…

融資の申込

土地の購入申込をしましたが、当然そんな金額の現金を持っているわけがありませんので、融資を受ける必要があります。土地の購入契約には融資特約を付けてもらい、融資がとおらなければ無償で解約となります。 金融機関の選択 早速融資の申込先を探します。…

土地の購入申込

土地の選択 6つの土地を紹介してもらい、その中から以下2つの観点で土地を選択しました。 駅に近く都心に出やすいこと 自分が住むため、住みやすいこと ローン返済が家賃収入のみで見込めること 都心への出やすさを考えると、どの土地も大差はありませんが、…

賃貸併用住宅の土地探し(その3)

初台の土地 中野の土地の次に紹介されたのは、初台の土地でした。 初台駅から徒歩6分で、広さは100平米くらいです。住宅地内の静かなところで、土地値は6000万くらいでした。そして住所に渋谷区と書けます。 建ぺい率60%、容積率は150%となりますが、140平…

賃貸併用住宅の土地探し(その2)

阿佐ヶ谷の土地 目白の土地の次に紹介されたのは、阿佐ヶ谷の土地でした。 阿佐ヶ谷駅から徒歩8分で最寄駅は南阿佐ヶ谷駅の徒歩7分でした。広さは80平米ほどでさっきよりも少し狭いです。土地値は5000万円弱でさっきよりも安いです。 建ぺい率は60%で、容積…

賃貸併用住宅の土地探し

4つの条件を提示して土地探しを依頼した私ですが、待つこと2週間あまり、依頼したコンサルティング業者から連絡がきました。いくつか候補地が見つかったので現地に案内してくれるとのこと。次の週末に案内してもらうようお願いしました。 私が事前に提示した…

賃貸併用住宅を建てるには

賃貸併用住宅の魅力を確認し、これでいこうと決めた私ですが、何をどうしていいかわかりません。そこで賃貸併用住宅のコンサルティング業者に助けを求めました。 業者に依頼 今回、私が依頼したのは、heiyou.jpというサイトからです。WEBサイトから申込みを…

賃貸併用住宅の魅力

賃貸併用住宅に的を絞った私は、そこから会社の同僚に話を聞き、自分でのいろいろ調べました。すると賃貸併用住宅には様々な魅力があることがわかりました。 住宅ローンが使える 賃貸併用住宅では、自宅部分の割合が1/2以上であれば、住宅ローンが使えるので…

賃貸併用住宅との出会い

シノケンで東京都内の新築アパートを融資特約付きで購入契約しましたが、オリックス銀行からの融資がうけられず融資特約によって契約解除となった私は、融資可否の連絡を待っている間にももっといい投資がないかを考えていました。 オリックス銀行から7000万…

融資特約での契約解除

東京の物件を実際に見学した私は、2割弱の管理費を払っても、月38万円の家賃収入が入ってきて、シノケンが管理を全てやってくれることで手間なく運用できるのであれば、それもありかなと考えて物件購入を申し込むことにしました。 シノケンに購入の意思を伝…

シノケンで不動産投資

シノケンの担当から東京、名古屋、福岡の物件を1つずつ紹介された私は、とりあえず東京の物件の現地を見学することにしました。 見学したシノケン物件の概要 場所は世田谷区と杉並区の境の杉並区側で、京王線の芦花公園駅から徒歩3分ほどの住宅に囲まれたと…

シノケンとは

投資用の中古1棟アパートを都内で探していましたが、なかなかこれだと思うものに巡り合うことができずにいた私は、気分転換に新築も探してみようと思いネットで調べ始めました。いろいろと探してみた結果、シノケンのWEBサイトに辿りつきました。 シノケンと…

投資物件探し

不動産投資の知識がある程度身についたところで実際に投資物件を探し始めた私ですが、最初に実物を見に行ったのはノムコムに会員登録していたことから紹介された物件でした。 西新宿駅から徒歩8分くらいだったと思いますが、築30年くらいの木造アパートで1K4…

不動産投資のきっかけ

2回目の転職活動を経て外資系コンサル企業に入社した私は、この会社に在籍している間に不動産投資を始めることになります。コンサル企業のため探究心が強いのか、給料がいいからなのかは分かりませんが、資産運用や節税に関する情報を持っている人が多かった…

ヤフオクで車を買う

これは私が社会人1年目の時の話ですが、ヤフーオークションでBMWを購入しました。 社会人1年目の私は当然のように自分の車を持っていないのに福島勤務となり、すぐにでも車が必要な状況でした。 会社の寮が会社から歩いて20分程度のところにあったため、徒歩…

AFPの更新

私はファイナンシャルプランナー2級を取得した際、日本FP協会が認定しているユーキャンのFP講座を修了して受験資格を得ていましたので、特に何も考えず合格とともにAFP認定も申請しました。 ところがこの認定は2年ごとに更新が必要なんです。更新には2年間で…

2回目の転職活動(その3)

金融機関のシステム部門、大手SI企業、ITコンサル企業の3つを転職活動で回った結果を整理すると、以下のようになりました。 金融機関のシステム部門金融機関は給料がいいのは知っていたので私としても3種の中では第一志望でしたが、やはり競争率は高く、現コ…

2回目の転職活動(その2)

30代前半での転職は即戦力を求められるので、自分がこれまでどういう考えでキャリアを積み上げてきたのか、その結果何ができるのか、今後どうなっていきたいのか、そうなるためには転職が必要なのか、といったあたりをしっかり伝える必要があります。 私の場…

2回目の転職活動

サラリーマンとしての給料を上げるために2回目の転職を考えた私は、仕事をしながら転職活動を開始しました。 前回は仕事を辞めて職業訓練校に通いながらの転職だったので、仕事をしながらの転職活動は初めてです。 やはり仕事をしながらだと面接の日程調整が…