サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

賃貸併用住宅との出会い

シノケンで東京都内の新築アパートを融資特約付きで購入契約しましたが、オリックス銀行からの融資がうけられず融資特約によって契約解除となった私は、融資可否の連絡を待っている間にももっといい投資がないかを考えていました。

オリックス銀行から7000万円で期間30年、金利2.3%の融資が受けられ、シノケンの物件を購入できていた場合、満室になったとすると月に38万円の家賃収入が入ってきて、27万円のローン返済をして、手元に残るのが11万円という計算になります。

しかしながら当時住んでいたところの家賃は15万円だったので、7000万円の借金までして、満室運営を続けたとしても家賃すら払いきれないことになります。

自分の家賃も含めてもっと効率のいい投資があるのではないかと考える中で、いっそのこと新築されたアパートの1室に自分も住もうかとも思いました。自分も住めば家賃収入は約6万円減ることになりますが、15万円の家賃支払いがなくなり、9万円もキャッシュフローが改善します。

ですが、その時住んでいた部屋は45平米だったので12平米の部屋はさすがに狭すぎて無理だなと考えていたところ、不動産投資を始めたばかりの会社の同僚から賃貸併用住宅を紹介されました。

賃貸併用住宅とは

賃貸併用住宅とはその名のとおり、自宅の一部を賃貸にだすことで、自分の家を手に入れつつ家賃収入も得てしまおうというすばらしい住宅です。これだ!と思いました。

賃貸併用住宅であれば自分の家賃が0になって家賃収入も得られますし、なんといっても住宅ローンが使えるためアパートローンよりも金利を低く抑えられ、返済額も下げられます。

すぐにでも賃貸併用住宅の話を始めたいところですが、シノケンとの契約は自己都合で解約すると手付金を放棄することになるので、融資特約で契約解除となるのを祈りました。自分で申し込んだ融資がとおらないことを祈るなんておかしな話ですが、こういうこともあるんですね。