サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

施工会社の決定

見積もりを依頼した各施工会社と個別に打合せを実施しました。もともと賃貸併用住宅のコンサルティング業者経由で図面、見積もりをもらっている会社もあったので全部で4社を比較しました。

今回は土地も予算も決まっている状態で提案を依頼しており、かつ、予算も多くない状況でしたのでなかなか希望条件全てを満たすのは難しいですね。どれを優先してどれをあきらめるかを決める必要があります。

住友不動産は大手なので品質は問題ないと思いますが、間取りの自由がきかない印象です。この予算では無理ということかもしれませんが、交渉の余地もなく見送りとしました。

ジャパンホームは、設計力が売りの会社のようで、提案内容はよかったのですが、予算オーバーでしたので、価格交渉の結果、1階賃貸用部分のロフトをあきらめると予算内がみえてくる状態でもうひと調整必要だったので時間がなく見送りとしました。

らいずほーむは、完成後の取材を条件にモニター価格として値引きしてもらい予算いっぱいでいい家が建ちそうでしたが、古屋の解体は含まないということでした。自分たちが手配すると高くなってしまうので客側でお願いしたいとのこと。結局予算オーバーですし、解体工事の手配もできないので見送りとしました。

結果的に、スーモカウンターで紹介してもらったところには依頼せず、当初見積もりを受領していたコンサルティング業者紹介の会社に依頼することにしました。比較しなくてもよかったんじゃないかと思いますが、比較している間もこの会社は間取りの見直しを何度かしてくれて当初より格段によくなっていたので、金額も含めて納得して決めることができました。

何でもそうだと思いますが、何かを依頼するときは1社だけで判断せず、複数社を比較してみることは大事ですね。