読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

解体工事と地盤調査

施工会社に契約申込みをした後、詳細の打合せと並行して、古屋の解体工事、地盤調査などが進められました。

解体工事

元々建てられていた古屋の解体です。書類上は木造住宅となっていましたが、解体してみると一部鉄骨部分があることが分かり、早速スケジュール遅延です。木造用の解体設備しか用意してなかったようで、鉄骨用の解体設備を入れる必要があるとかで数日遅れましたが、費用に関しては施工会社が吸収してくれたので追加はありませんでした。

地盤調査

地盤調査は賃貸併用住宅に限らず、建物を建てる際にその土地の地盤に問題がないかを調査するものです。地盤強度が足りなければ補強工事を行い地盤強度を補います。

今回の土地は下北沢ですが、地名に、「沢」のような水場を想像させるような文字が含まれている土地は昔は水場だった可能性が高く、地盤補強工事が必要となることが多いようです。

当初見積もりには地盤補強工事の費用は含まれていなかったので、結果をドキドキしながら待ちましたが、案の定補強が必要とのことでした。しかし、大規模なものではなく小規模の補強で問題なしだったのが不幸中の幸いで、40万程度の追加費用で済みました。

地盤はしっかり固めておきたいので、補強工事はすぐに実施してもらいましたが、小規模ですんでよかったです。