サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

地鎮祭は必要か

解体工事、地盤調査が終了し、工事に入る前に地鎮祭を行いました。

地鎮祭とは

地鎮祭とはこれから行う工事が無事にできるようにお祓いするものです。最近では地鎮祭をやらない方も多く、半分くらいの方がやらないと聞きましたが、私はせっかくなのでやることにしました。工事も無事に進んでほしかったので。

事前準備

神主さんとの調整は施工会社が行ってくれましたので、私は「大安」と「友引」の日から2,3の希望日を提示しただけでした。日取り確定と合わせて神主さんにお渡しする玉串料も事前に4万円と決まっていたのでそれを準備しました。

地鎮祭当日

当日も、お供え物などの準備は基本的に神主さんがしてくれます。私はお供え用の清酒を購入して現地に向かいました。

式自体は20~30分程度で終わります。初めに神主さんがお祓いをして、そのあと土地の真ん中と四隅を回ってお祓いします。その後土地に施主が初めて手をつける意味で鍬を入れました。初めてだったので新鮮でした。

式が終わり、一通り片づいたところで神主さんに玉串料を手渡し、お礼を言って当日は終了となります。

そんなに時間がかかるものでもありませんし、自分が地主になったんだなと改めて実感できますからやるかどうか迷っているようでしたら、やってみることをお勧めします。