サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

建物の引渡

立会検査から一週間、ようやく引渡の日を迎えました。一週間前の立会検査で指摘した箇所が修正されていることを確認します。

一番心配していた「賃貸部屋の室内インターホンが明らかに使いにくかったので壁の反対側に変更」するようにしたところもキレイに仕上がってました。一週間前には裏側の壁についていたことが信じられないくらいでした。

その他の賃貸部屋の指摘についても問題なく修復されていました。続いて自宅部分を確認します。

複数あった小さい傷や汚れについては、指摘したところは対応していても指摘したとこだけしかやっていない状態で、元々気にならなかった汚れが気になるようになりましたが、きりがないので汚れについては自分で掃除することにしてあきらめました。

しかし、エコカラット素材の汚れを指摘していたところ、水拭きで拭いたらしく、シミになっているところがあり、シミについては復旧のしようがないので無償交換となりました。

以上で自分としては自宅部分も賃貸部分についても問題なしと思っていましたが、引渡に立ち会ってもらった賃貸併用住宅のコンサルティング業者、サブリース業者から指摘があり、2階玄関前の踊場の真ん中がへこんでおり水溜りができてしまう状態だったので傾斜をつけて水がはけやすいように修繕を依頼しました。

素人ではなかなか気が付かないところがあるので、可能であればプロに立ち会ってもらうことを強くお勧めします。