読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

不動産賃貸の稼働率

賃貸経営を開始して、なんとか満室になったのですが、ちょうど1年経過したところで、はやくも退去が発生、しかも2部屋が立て続けに退去しました。9月に1部屋、もっと広いところに引っ越したいとの理由で退去し、10月にも1部屋、転職が決まったらしく職場の近くに引っ越したいとの理由で退去がありました。

入居者が前向きな理由で巣立っていくのは気持ちよく送り出したいところです。2部屋とも1年で退去だったので設備の交換等も特になく、清掃のみで次の募集が再開できたようです。というのもサブリース業者に退去時の清掃なども含めて全てお任せのプランを契約しているので、いちいち私に確認することもなく勝手に進めてくれます。

しかし、募集の時期が悪いのか、新築プレミアムがなくなったせいか中々埋まりません。年内には埋まるだろうと思ってましたが、年内に埋まったのは1部屋のみでした。年越し後もまだ1部屋残っていたのですが、つい先日入居者が決まりようやく満室になりました。長かったです。

さて、ここまで1年半ほど賃貸経営をしてきましたが、その間の稼働率を計算してみたところ、2013年8月~2015年1月までで78.9%でした。新築なのに80%を下回るとは…

ちなみにサブリースで得た家賃収入を稼働率に置き換えると、毎月満室時の90%で最初2ヶ月が免責期間とすると、1年半でちょうど稼働率80%と同じになります。サブリースにしておいてよかったです。それにしても賃貸は開始する時期は重要ですね。