読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

PET-CT検査、MRI検査を受けてきました

先日、三田病院の予防医学センターで、PET+脳ドックを受診してきました。

PET-CT検査のPETとはPositron Emission Tomography (陽電子放出断層撮影)のことで、放射性の薬を投入して自分の体から放出される放射線を画像化して癌がないかを検査します。

私は父親が癌で亡くなっていることもあり、30代後半ですが念の為検査を受けておくことにしました。現在は癌の疑いのある方がこの検査を受けることがほとんどのようですので、他に検査を受けていたのは老夫婦が多かったです。

病院に行くと、まずは着替えて説明を受けます。前日の21時以降は飲食禁止(水のみ可)となっていますので、その確認であったり、体内に金属(ペースメーカーなどインプラント以外のもの)がないかを確認されます。金属が体内にあると検査はできないそうです。

その後、ブドウ糖のようなものらしい放射性の薬を注射と点滴で2分ほどかけて投入されます。それが終わると1時間は絶対安静と言われ、無駄に動かずとにかく安静にしているように言われます。筋肉を使うと薬が全体にいきわたらなくなるようですので、水を飲んで座っているうちに寝てしまいました。

1時間経過するとトイレに行って排尿してくるように言われます。余った薬を排出するためのようです。その後、輪っか状の機械の中で画像をとります。手を頭の上にあげて寝た状態で約30分間動かないようにと言われ、輪っかの中に入っていきます。検査前に閉所恐怖症でないか確認されて何言ってんだと思いましたが、確かに狭くてちょっと怖さも感じました。閉所恐怖症の場合、どうするのか気になります。

撮影中も少し寝てしまったようですが、無事に終えると、改めて安静にしているように言われます。体から放射線が放出されているのでしばらく外には出ていけないようです。注意事項にも妊婦や小さい子供と会う場合は検査終了後2時間以上あけるように記載されていました。しばらくすると呼ばれてPET検査は終了となります。

そのままMRI検査も受けてきました。MRI検査とはMagnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像診断装置)のことで脳などの検査に使われるそうです。こちらもはじめて利用しましたが、とにかくうるさかったです。ヘッドホンをして検査をうけますが、騒音に15分間耐えるという感じでもうやめてくれと何回か思いました。

MRI検査が終わると検査は全て終了となります。検査終了後は昼食がついてます。昼食といっても11時に受付して全て終わったのは15時だったのでだいぶ遅い時間ではありますが、コース料理か軽食が選べます。前日の夜から何も食べていないので迷わずコース料理を選びました。牛フィレか伊勢海老かを選べてとてもおいしかったです。

結果は3週間以内に郵送で届くそうです。