読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

住宅ローン借換の申込み

3月に住宅ローン金利が下がってから、4月に入って少し上がってしまいましたが、5月にはまた下がるのではと思い、借換の申込みをしてみました。

今回申込みしたのは住信SBIネット銀行の住宅ローンです。20年固定が0.98%と1%を切ってきたので今のうちに長期で低金利のものに借り換えようと思いました。

すでに口座は持っていたのでネットからログインして住宅ローン借換の申込みから必要事項を入力していきます。勤務先や年収、いくら借りたいのか、現在の住宅ローン情報、自宅の情報などを確認しながら入力していきます。結構面倒です。

入力がすべて終わると、仮審査の受付がされた状態になり、結果はメールで連絡を待ちます。2日後くらいにメールがきて仮審査は通過していました。さらにその4日後くらいに正式審査の申込みに必要な書類一式が郵送されてきます。

書類の中に申込時に必要な書類の一覧が入っていますが、これがまたしんどい。私の場合、借換の申込書、団体信用生命保険の申込書などの他に以下の書類が必要とのこと。

  • 住民票または住民票記載事項証明書(原本)
  • 確定申告書3年分※
  • 納税証明書(その1、その2)3年分(原本)※
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 工事請負契約書
  • 平面図
  • 通帳(既存借入の直近1年分の返済履歴確認資料)
  • 返済予定明細表
  • 融資残高証明書
  • その他のローンがある場合はその返済予定明細表

※確定申告書と納税証明書が必要なのは給与所得に加えて不動産所得や事業所得がある場合で、給与所得のみで確定申告していない場合は源泉徴収票と住民税課税決定通知書で大丈夫です。

これを全てそろえるには税務署などにもいく必要があり、かなり手間がかかるので5月の金利を確認してから書類を準備するか決めようと思います。住宅ローンの借換って思っていたよりもはるかに労力がいるんですね。。。計画的な行動をおすすめします。