読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

マネーフォワードで携帯利用料を見直し

ご存知の方も多いと思いますが、家計簿アプリのマネーフォワード(MoneyFoward)を1ヶ月くらい前から使ってみたところ無駄な出費が結構あることが分かりました。

マネーフォワードはWEBページでも利用できるので以前登録してほとんど使ってなかったIDでアプリにログインして利用しました。つまりIDとパスワードさえあれば今までWEBページで登録した情報もアプリに引き継がれて使えます。携帯の機種変更をしても問題ありませんね。

さて、無駄な出費の見直しですが、まずは携帯利用料です。私はドコモのスマホを使っていてちょっと前に機種変更したばかりでしたので試しに見てみました。

マネーフォワードにドコモのID、PWを登録すると毎月の請求内容が内訳まで見れるようになります。マネーフォワードを使わなくてもdメニューから見ることができますが、これまではいくら請求されてるかも気にしてなかったので見にいくことがなかったです。

マネーフォワードで携帯料金を見ると思ったより高いので内訳を見てみると、機種変更の際に「カケホーダイライトプラン(1700円)」に変更したはずの基本プランが「カケホーダイプラン(2700円)」のままでした。同時に変更したデータパックをM(5000円)からL(6000円)にしたのは反映されているのに。。。ドコモショップではなく家電量販店で機種変更したのがよくなかったのかもしれませんが、料金が上がる変更はちゃんと反映されて、下がる変更が反映されてないとは。

さらに携帯料金の内訳をみていると「あんしん遠隔サポート」なるものに400円払い続けていたことも判明しました。2年前に機種変更した際に割引をうけるためにいろいろ付けたオプションで外し忘れていたようです。目先の数千円のために結果1万円ほど余計な支払いをしていたことになります。

以上2点を修正することで携帯料金だけで月1400円の支出が削減できました。

携帯料金以外の支出見直しは次の回に。