読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

民泊の規制緩和

2016年の訪日外国人客は2400万人を超えました。政府は東京オリンピックが行われる2020年には4000万人の訪日外国人客を目標としています。

ところが4000万人もの外国人客が日本を訪れるとホテルの客室数が足りないそうです。都心部だけでも1万室もの客室が不足する試算だそうです。そこで注目されているのが一般の住居で外国人客に有料で宿泊してもらう民泊です。

民泊というと夜中に外国人が騒いでうるさいとか、外国人がゴミ出しのルールを理解できずゴミ出しのマナーが守られないなど、地域によっては困っている方達もいるようです。そういうのは代替が許可を取得していない闇民泊だと思います。

以前にも書きましたが、民泊を行うには旅館業法上の許可が必要となります。旅館業法の許可をとり正しく運営されている民泊もたくさんあると思います。

ksb.hatenablog.com

しかし、旅館業法では部屋の数や、1人当たりの面積とか、トイレの数、帳場の設置など細かい規制があることから許可をとらない闇民泊が行われることにつながっているとも考えられるため、規制を緩和する方向で検討されているようです。

1月20日招集の通常国会で新たな法案が提出され、旅館業法のような許可制ではなく簡易な届け出制とすることや、年間営業日数は180日以内とすること、各自治体が条例で制限を追加できるようにすることなどが検討されるようです。

私もそうですが、民泊をやりたくても許可をとるのが難しいと思ってた人にはチャンスかもしれません。この法案がどうなるか注目です。