読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

退去リフォームサービスがおすすめ

不動産投資

賃貸併用住宅を新築してサラリーマン大家となってから3年超が経過しましたが、11月末に久しぶりの退去が発生しました。

サブリース契約を締結しているため毎月の家賃収入には影響ありませんが、通常であれば退去による清掃やリフォームが必要となります。ですが私の場合、サブリース業者と退去時のリフォーム工事もやってくれるサービスを契約しているので自分での対応は不要です。

サービスの内容は以下のとおりです。

  • 室内の壁や天井の仕上げ材(壁紙等)
  • 室内の床材(フローリング、畳等)
  • 室内の建具(網戸、障子等)
  • 室内の見切り材(巾木等)
  • 室内の小規模修繕(室内の電球、カーテンレール、スイッチ等)
  • 室内クリーニング

エアコン等の電気設備、キッチン、洗面台、バスルーム等の給排水設備、玄関ドア等の大きめの建具などを修繕する場合は別途費用が発生しますが、上記内容で料金は毎月1㎡あたり75円です。例えば20㎡の部屋であれば月1500円になります。

20㎡の部屋で2年入居してから退去となった場合、月1500円ずつ積み立てていると36000円貯まっていることになるので、キレイに使われていればもっと安くクリーニングを済ませて次の賃貸に出せますが、通常であればトントンくらいではないかと思います。しかし2年より短い周期で入退去があると、どうしてもクリーニングは必要ですからこちらのサービスを活用した方が安くなると思います。

また、このサービスを利用しているとリフォーム工事の着手も早くなりますし、入居者との交渉もおまかせでやってくれます。追加費用が発生する場合は当然対応が必要になります。

サブリース契約の締結当初は、20㎡程度のワンルームしかないこと、学生がメインになるであろうことから、入退去が頻繁にある可能性がある、部屋が乱暴に扱われる可能性があると考え、退去リフォームサービスも契約しました。

結果的に初期入居から3年間入れ替わりのない部屋もあり、損している可能性もありますが、退去時に大家の手間がかからないのはサラリーマン大家にとっては大事ですのでおすすめです。