サラリーマン大家のサラリーマン脱出計画

サラリーマン大家がサラリーマン生活から脱出するまでの日々を綴っています

民泊の規制緩和

2016年の訪日外国人客は2400万人を超えました。政府は東京オリンピックが行われる2020年には4000万人の訪日外国人客を目標としています。

ところが4000万人もの外国人客が日本を訪れるとホテルの客室数が足りないそうです。都心部だけでも1万室もの客室が不足する試算だそうです。そこで注目されているのが一般の住居で外国人客に有料で宿泊してもらう民泊です。

民泊というと夜中に外国人が騒いでうるさいとか、外国人がゴミ出しのルールを理解できずゴミ出しのマナーが守られないなど、地域によっては困っている方達もいるようです。そういうのは代替が許可を取得していない闇民泊だと思います。

以前にも書きましたが、民泊を行うには旅館業法上の許可が必要となります。旅館業法の許可をとり正しく運営されている民泊もたくさんあると思います。

ksb.hatenablog.com

しかし、旅館業法では部屋の数や、1人当たりの面積とか、トイレの数、帳場の設置など細かい規制があることから許可をとらない闇民泊が行われることにつながっているとも考えられるため、規制を緩和する方向で検討されているようです。

1月20日招集の通常国会で新たな法案が提出され、旅館業法のような許可制ではなく簡易な届け出制とすることや、年間営業日数は180日以内とすること、各自治体が条例で制限を追加できるようにすることなどが検討されるようです。

私もそうですが、民泊をやりたくても許可をとるのが難しいと思ってた人にはチャンスかもしれません。この法案がどうなるか注目です。

ビットコインで資産運用

2017年に入って早々にビットコインの価格が最高値を更新しました。

それまでの高値は2013年12月5日の12万7800円でしたが、2017年1月4日に高値を更新し13万円台をつけ、1月5日には15万円台まで上昇しました。その後、ビットコイン取引の9割を占めるとも言われる中国の人民元高をキッカケに急落し、現在は11万円程度となっています。

ビットコインというと2014年のマウントゴックスによる不正アクセス事件を思い浮かべる方も多いと思います。当初外部からの不正アクセスで大量のビットコインが盗まれてしまったと伝えられ、ビットコインなどというわけのわからんものに投資するのは危険だと感じた記憶があります。しかしこの事件の実態はマウントゴックス社長による内部不正・横領による被害であることが判明し、取引所さえ間違えなければ投資の対象にしてもよいのかもと思いましたが、この時には投資までは至りませんでした。

2016年に入って仕事の影響もあり、ブロックチェーンについて調べたことから、改めてビットコインに興味を持ちました。このころは4万円台だったのですが、しばらく忘れてて年末になったころに気が付けば8万円台にまでなっていて、ようやく重い腰をあげて取引口座を開設したころには9万円台でした。

動くときは上下に大きく動きますが、ビットコインは数に上限があるので、ビットコインの利用範囲が広がるにつれてビットコイン全体の経済価値は上昇していくでしょうから、将来的にはまだまだ上昇するのではと思っています。

まだ少額ですがこれから少しずつビットコインへの投資額も増やしていきたいと考えています。

マネーフォワードで視聴料を見直し

前回のつづきですが、家計簿アプリのマネーフォワード(MoneyFoward)を使ってみた結果、意外と無駄使いしてることに気づき支出を見直すことができました。

携帯利用料の1400円に続いて見直したのが視聴料です。

まずはコパ・アメリカを見るために契約したままになってた「wowow」です。たまに映画は見たりしてましたが、なくてもなんの問題もないものに毎月約2500円も払ってることに気づき解約しました。

次にJリーグ、プレミアリーグ、チャンピオンズリーグなどを見るために契約していた「スカパー」です。Jリーグも2017年は「スカパー」では放送されないことが決まりましたし、海外サッカーも時間帯の問題もあってほとんど見れてないのに毎月約6000円も払っていたのでこちらも解約しました。

それからDVDレンタルの「TUTAYAディスカス」も全く借りない月もあるのに毎月1000円を払っている状況なので解約して必要なときだけ都度レンタルにした方がいいと思い解約するつもりです。現在レンタル中のためまだ解約できてませんが。

上記で視聴料を8500円削減できました。携帯料金の1400円削減と合わせて月9900円の削減ができたことになります。

はじめは各口座の残高を纏めて見れるのは便利だと思って使ってみたのですが、いろいろ登録してみると支出の見直しにまで繋がって驚いてます。使ってみてよかったです。

まだ利用されていない方は一度使ってみてはどうでしょうか。

マネーフォワードで携帯利用料を見直し

ご存知の方も多いと思いますが、家計簿アプリのマネーフォワード(MoneyFoward)を1ヶ月くらい前から使ってみたところ無駄な出費が結構あることが分かりました。

マネーフォワードはWEBページでも利用できるので以前登録してほとんど使ってなかったIDでアプリにログインして利用しました。つまりIDとパスワードさえあれば今までWEBページで登録した情報もアプリに引き継がれて使えます。携帯の機種変更をしても問題ありませんね。

さて、無駄な出費の見直しですが、まずは携帯利用料です。私はドコモのスマホを使っていてちょっと前に機種変更したばかりでしたので試しに見てみました。

マネーフォワードにドコモのID、PWを登録すると毎月の請求内容が内訳まで見れるようになります。マネーフォワードを使わなくてもdメニューから見ることができますが、これまではいくら請求されてるかも気にしてなかったので見にいくことがなかったです。

マネーフォワードで携帯料金を見ると思ったより高いので内訳を見てみると、機種変更の際に「カケホーダイライトプラン(1700円)」に変更したはずの基本プランが「カケホーダイプラン(2700円)」のままでした。同時に変更したデータパックをM(5000円)からL(6000円)にしたのは反映されているのに。。。ドコモショップではなく家電量販店で機種変更したのがよくなかったのかもしれませんが、料金が上がる変更はちゃんと反映されて、下がる変更が反映されてないとは。

さらに携帯料金の内訳をみていると「あんしん遠隔サポート」なるものに400円払い続けていたことも判明しました。2年前に機種変更した際に割引をうけるためにいろいろ付けたオプションで外し忘れていたようです。目先の数千円のために結果1万円ほど余計な支払いをしていたことになります。

以上2点を修正することで携帯料金だけで月1400円の支出が削減できました。

携帯料金以外の支出見直しは次の回に。

不動産投資には立地が重要

賃貸併用住宅で不動産投資を始めて築3年が経過しました。先日久しぶりの退去がありましたが、11月26日の退去から12月前半には次の入居者が決まり入居、満室の状態で年越しを迎えられます。

築3年経過しても家賃もほとんど下がっておらず、退去があっても3週間で次の入居者が入ってくるのは立地がよいのでしょう。改めて不動産投資には立地が重要だと感じています。

賃貸併用住宅には自分も住むことになるので土地を探すときには立地にはこだわりました。東京23区内で最寄駅から徒歩10分以内、できれば徒歩5分以内がいいですが10分までは許容して探しました。

当時いくつかあった土地の中から下北沢の土地を選択しましたが、その判断は間違ってなかったと今でも思ってます。下北沢は渋谷と新宿の両方に10分程度で出られる交通の便の良さがあり、若い人にも人気のエリアですからワンルームでの入居者付けに困ることはないだろうと考え決めました。

ただ、この3年超住んでいる間でも新築の賃貸物件がどんどん増えており、将来への不安がないわけではありませんが、今のところはうまくいってます。日本は人口減少していますが、東京の人口は増えているので当面は大丈夫だと思います。

築10年くらいまでは今の調子で運用していけるのではと考えてますが、築5年を経過して高く売却できるようであれば売却も検討したいと思ってます。

これから不動産投資を始める方は立地にはこだわってください。